QT PROモーニングビジネススクール

by QTNet

QT PROモーニングビジネススクール
  • Language: jpn
  • Episodes: 1,493
  • Last: 9 Mar 2018
FM FUKUOKAで放送中「QT PROモーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

Episodes (1,493)

  • リーダーシップ・新しいアプローチ
    リーダーシップ・新しいアプローチ
    Play
    Published: 9 Mar 2018 Duration: n/a
    リーダーシップの在り方についてお話をしています。時代の変化とともにリーダーシップの在り方も変わってきていますが、その中でやはり「信頼」が一つのキーワードになるだろうというお話でした。前回は、「トラストファクター」という本を紹介しながら、信頼関係にあるという意味では、リーダーシップというのはチームの中の一人ということではなく、チームの一人一人がリーダーシップをとるよう時代になってきているというお話でした。 余談ですが、実は学校の中におけるリーダーシップも今大きく変化しています。... Read more →
    リーダーシップの在り方についてお話をしています。時代の変化とともにリーダーシップの在り方も変わってきていますが、その中でやはり「信頼」が一つのキーワードになるだろうというお話でした。前回は、「トラストファクター」という本を紹介しながら、信頼関係にあるという意味では、リーダーシップというのはチームの中の一人ということではなく、チームの一人一人がリーダーシップをとるよう時代になってきているというお話でした。 余談ですが、実は学校の中におけるリーダーシップも今大きく変化しています。... Read more →

  • 第2話:イギリスの歴史(44)20世紀前半の社会
    第2話:イギリスの歴史(44)20世紀前半の社会
    Play
    Published: 8 Mar 2018 Duration: n/a
    イギリスの歴史シリーズで前回は第一次世界大戦の話までしましたが、次に大きなのは当然第二次世界大戦です。その間に挟まった20世紀の最初の頃の話を少しして、第二次世界大戦につなげていこうと考えています。 まず最初は経済の話ですが、この時代は乱高下と言いますか、皆さんもよくご存じだと思いますし、ビジネスの世界の方はみなさんご存知でしょうが、世界大恐慌というのが起きた時代です。細かいことは省略させていただきますが、起きたのは1929年の事ですのでまさに二つの大戦の間です。その時代、実... Read more →
    イギリスの歴史シリーズで前回は第一次世界大戦の話までしましたが、次に大きなのは当然第二次世界大戦です。その間に挟まった20世紀の最初の頃の話を少しして、第二次世界大戦につなげていこうと考えています。 まず最初は経済の話ですが、この時代は乱高下と言いますか、皆さんもよくご存じだと思いますし、ビジネスの世界の方はみなさんご存知でしょうが、世界大恐慌というのが起きた時代です。細かいことは省略させていただきますが、起きたのは1929年の事ですのでまさに二つの大戦の間です。その時代、実... Read more →

  • 第1話:イギリスの歴史(43)第1次世界大戦(2)
    第1話:イギリスの歴史(43)第1次世界大戦(2)
    Play
    Published: 7 Mar 2018 Duration: n/a
    今日はイギリスの歴史シリーズです。長いことやってきました歴史シリーズですが、非常に現代に近いところになってきています。前回は第一次世界大戦の話に入り、今回はそれの続きという事になります。 まず前回のおさらいです。最初はオーストリア=ハンガリーというところとセルビアの所の二国間で済むような問題だった気がしますが、そこで起きた事件をきっかけにして他の列強たちがバックにきて、大騒ぎになってしまったと思います。そして、二つに分かれて、連合国と同盟国に分かれたというお話をしたと思います... Read more →
    今日はイギリスの歴史シリーズです。長いことやってきました歴史シリーズですが、非常に現代に近いところになってきています。前回は第一次世界大戦の話に入り、今回はそれの続きという事になります。 まず前回のおさらいです。最初はオーストリア=ハンガリーというところとセルビアの所の二国間で済むような問題だった気がしますが、そこで起きた事件をきっかけにして他の列強たちがバックにきて、大騒ぎになってしまったと思います。そして、二つに分かれて、連合国と同盟国に分かれたというお話をしたと思います... Read more →

  • 失う悲しみは得る喜びより大
    失う悲しみは得る喜びより大
    Play
    Published: 6 Mar 2018 Duration: n/a
    今回は、「失う悲しみは得る喜びより大きい」という話です。断捨離という言葉が流行っています。要らない物は捨てようという言葉です。このような言葉が流行っているという事は、いかに人々が要らない物を捨てずに持っているかという事です。 人間は、持っている物が減ることが嫌いなことだそうです。要らない物でさえも持っていたいので、要る物を失う悲しみは大きいです。 通信販売で、「気に入らなかったら、自由に返品して下さい」という会社があります。そうすると、私たちが買う前に考えるのは、「気に入... Read more →
    今回は、「失う悲しみは得る喜びより大きい」という話です。断捨離という言葉が流行っています。要らない物は捨てようという言葉です。このような言葉が流行っているという事は、いかに人々が要らない物を捨てずに持っているかという事です。 人間は、持っている物が減ることが嫌いなことだそうです。要らない物でさえも持っていたいので、要る物を失う悲しみは大きいです。 通信販売で、「気に入らなかったら、自由に返品して下さい」という会社があります。そうすると、私たちが買う前に考えるのは、「気に入... Read more →

  • 「絶対儲かる商品」は絶対損する
    「絶対儲かる商品」は絶対損する
    Play
    Published: 5 Mar 2018 Duration: n/a
    今回は、「絶対儲かる商品」を買うと絶対損をするという話です。 詐欺師がよく使うのは、「絶対儲かる商品」を「あなただけに特別にお譲りします」という手口です。これは絶対損する商品なので、決して買ってはいけません。世の中に、絶対儲かる商品などありません。万が一そのような商品があったとしたら、プロたちが皆さんより先に全部買ってしまうので、結局皆さんの手には入りません。 儲かるかも知れないものには、絶対にリスクがあります。コンビニは、商品を仕入れなければ儲かりませんが、仕入れた以上は売... Read more →
    今回は、「絶対儲かる商品」を買うと絶対損をするという話です。 詐欺師がよく使うのは、「絶対儲かる商品」を「あなただけに特別にお譲りします」という手口です。これは絶対損する商品なので、決して買ってはいけません。世の中に、絶対儲かる商品などありません。万が一そのような商品があったとしたら、プロたちが皆さんより先に全部買ってしまうので、結局皆さんの手には入りません。 儲かるかも知れないものには、絶対にリスクがあります。コンビニは、商品を仕入れなければ儲かりませんが、仕入れた以上は売... Read more →

  • 「つながり・人間関係」に着眼したリーダーシップ
    「つながり・人間関係」に着眼したリーダーシップ
    Play
    Published: 2 Mar 2018 Duration: n/a
    「リーダーシップ」についてシリーズでお話ししています。前回は、「ブーカ」をキーワードに、不安定で不確実で曖昧な今の時代だからこそ、リーダーシップの在り方、リーダーとフォロワーの関係が変化してきているというお話でした。 このように、リーダーの捉え方・リーダーの在り方が変化してきていますが、現在世界の大学院では、「関係性」に着目して、リーダーシップを捉え直しが行われています。これは、人と人とのつながりを円滑にすることで、組織全体をより良くできないか、社会全体をよくできないかという... Read more →
    「リーダーシップ」についてシリーズでお話ししています。前回は、「ブーカ」をキーワードに、不安定で不確実で曖昧な今の時代だからこそ、リーダーシップの在り方、リーダーとフォロワーの関係が変化してきているというお話でした。 このように、リーダーの捉え方・リーダーの在り方が変化してきていますが、現在世界の大学院では、「関係性」に着目して、リーダーシップを捉え直しが行われています。これは、人と人とのつながりを円滑にすることで、組織全体をより良くできないか、社会全体をよくできないかという... Read more →

  • SCM(4):サプライチェーンの頑健性と復旧力
    SCM(4):サプライチェーンの頑健性と復旧力
    Play
    Published: 1 Mar 2018 Duration: n/a
    今回のテーマも、サプライチェーンの災害への備えについてです。東日本大震災や熊本地震などの災害を通じて、様々な課題が明らかになりました。今回は、そのためにどうするかということを考えていきます。  サプライチェーンが途絶する原因はいくつかあります。調達先が集中している時、代替調達先の切り替えが難しい時、サプライチェーンの全体が可視化されていない時、安全在庫が適正に確保されていない時にサプライチェーンが途絶えてしまうリスクが高まると考えられています。そこで、このような災害への備えを... Read more →
    今回のテーマも、サプライチェーンの災害への備えについてです。東日本大震災や熊本地震などの災害を通じて、様々な課題が明らかになりました。今回は、そのためにどうするかということを考えていきます。  サプライチェーンが途絶する原因はいくつかあります。調達先が集中している時、代替調達先の切り替えが難しい時、サプライチェーンの全体が可視化されていない時、安全在庫が適正に確保されていない時にサプライチェーンが途絶えてしまうリスクが高まると考えられています。そこで、このような災害への備えを... Read more →

  • SCM(3):災害とサプライチェーン
    SCM(3):災害とサプライチェーン
    Play
    Published: 28 Feb 2018 Duration: n/a
    今回のテーマは、サプライチェーンの災害への備えについてです。サプライチェーンとは、直訳すると供給の連鎖です。原材料の仕入れや部品の生産から製品の生産・物流、市場での販売まで、ものづくりの上流から下流に至る流れを意味します。  2016年4月に発生した熊本地震は、まだ記憶に新しいところです。2011年の東日本大震災、2007年の新潟中越沖地震、そして1995年の阪神淡路大震災と日本は地震大国として知られています。これ以外にも台風や洪水の被害も毎年起こっています。このような災害は... Read more →
    今回のテーマは、サプライチェーンの災害への備えについてです。サプライチェーンとは、直訳すると供給の連鎖です。原材料の仕入れや部品の生産から製品の生産・物流、市場での販売まで、ものづくりの上流から下流に至る流れを意味します。  2016年4月に発生した熊本地震は、まだ記憶に新しいところです。2011年の東日本大震災、2007年の新潟中越沖地震、そして1995年の阪神淡路大震災と日本は地震大国として知られています。これ以外にも台風や洪水の被害も毎年起こっています。このような災害は... Read more →

  • 第2話:ビジネスに関係した英語表現(34):商談と「する」動詞
    第2話:ビジネスに関係した英語表現(34):商談と「する」動詞
    Play
    Published: 27 Feb 2018 Duration: n/a
    前回まではビジネスに関係した英語表現ということで、出勤の途中で目にする色々な事をしましたが、いよいよ会社に着いてからのお話が前回少し始まりました。その時に始まった商談の話の続きを少しさせて頂いて、そこから少し派生した英語に関係した話をしようと思います。 まず契約です。英語ではcontract、これは日本語になっています。ネゴシエーションという単語を前回やりましたが、いわゆる交渉するです。その結果、結ぶのがcontractです。contractは始める時は結ぶ、終わらせる時は破... Read more →
    前回まではビジネスに関係した英語表現ということで、出勤の途中で目にする色々な事をしましたが、いよいよ会社に着いてからのお話が前回少し始まりました。その時に始まった商談の話の続きを少しさせて頂いて、そこから少し派生した英語に関係した話をしようと思います。 まず契約です。英語ではcontract、これは日本語になっています。ネゴシエーションという単語を前回やりましたが、いわゆる交渉するです。その結果、結ぶのがcontractです。contractは始める時は結ぶ、終わらせる時は破... Read more →

  • 第1話:英国における異文化(35):食べ物:サバの燻製
    第1話:英国における異文化(35):食べ物:サバの燻製
    Play
    Published: 26 Feb 2018 Duration: n/a
    英国における異文化シリーズの中でも食べ物のシリーズをやっていますが、今日は鯖の燻製の話です。 えらく細かいトピックになってしまいました。何故これを選んだかというと単純にいえば私が気に入ったからということもありますが、向こうではよくお目に掛かるのに日本ではあまりお目に掛からないということが理由です。 燻製というとどんなものを皆さん思い浮かべますか。ちょっと茶色っぽくなったものを想像すると思います。しかし、日本では魚の燻製というとスモークサーモンに代表されるように少し生々しいもの... Read more →
    英国における異文化シリーズの中でも食べ物のシリーズをやっていますが、今日は鯖の燻製の話です。 えらく細かいトピックになってしまいました。何故これを選んだかというと単純にいえば私が気に入ったからということもありますが、向こうではよくお目に掛かるのに日本ではあまりお目に掛からないということが理由です。 燻製というとどんなものを皆さん思い浮かべますか。ちょっと茶色っぽくなったものを想像すると思います。しかし、日本では魚の燻製というとスモークサーモンに代表されるように少し生々しいもの... Read more →

  • リーダーシップの変化の背景・VUCAとは?
    リーダーシップの変化の背景・VUCAとは?
    Play
    Published: 23 Feb 2018 Duration: n/a
    前回から続けて「リーダーシップ」についてお話しています。 前回は、時代と共にリーダーシップのあり方も変化してきているということ、しかし、依然として今までのリーダーシップのイメージが非常に強いということ。その中で、今若い世代が特にリーダーになりたくない、なれるかなという不安を感じるのは当然のことであるというお話でした。 今日は、リーダーシップの捉え方が変わってきている背景にある「時代の変化」をいくつかのキーワードで紹介していきます。 最初のキーワードは「VUCA(ブカ)」です。... Read more →
    前回から続けて「リーダーシップ」についてお話しています。 前回は、時代と共にリーダーシップのあり方も変化してきているということ、しかし、依然として今までのリーダーシップのイメージが非常に強いということ。その中で、今若い世代が特にリーダーになりたくない、なれるかなという不安を感じるのは当然のことであるというお話でした。 今日は、リーダーシップの捉え方が変わってきている背景にある「時代の変化」をいくつかのキーワードで紹介していきます。 最初のキーワードは「VUCA(ブカ)」です。... Read more →

  • 在庫管理②
    在庫管理②
    Play
    Published: 22 Feb 2018 Duration: n/a
    昨日は、ロジスティクス管理の基本のひとつである在庫管理について、なぜ商品などの在庫は増えるのか、また余分な在庫を抱えることの問題 点についてお話しました。またそれは、企業でも個人でもほぼ共通する問題でした。今日はその続きを話します。 在庫を抱えることが如何に問題なのかについて解説をしました。倉庫で商品を管理する保管料、人件費、光熱費、保険料、管理費といった費用の発生もですが、それ以外にも商品が倉庫で眠っている間に、品質が劣化したり、陳腐化したりと商品価値がさがること、まったく... Read more →
    昨日は、ロジスティクス管理の基本のひとつである在庫管理について、なぜ商品などの在庫は増えるのか、また余分な在庫を抱えることの問題 点についてお話しました。またそれは、企業でも個人でもほぼ共通する問題でした。今日はその続きを話します。 在庫を抱えることが如何に問題なのかについて解説をしました。倉庫で商品を管理する保管料、人件費、光熱費、保険料、管理費といった費用の発生もですが、それ以外にも商品が倉庫で眠っている間に、品質が劣化したり、陳腐化したりと商品価値がさがること、まったく... Read more →

  • 在庫管理①
    在庫管理①
    Play
    Published: 21 Feb 2018 Duration: n/a
    年末にご自宅の大掃除をされた人も、企業でこれから年度末に向けて、在庫の整理に取り組まれる人も少なくないかと思います。今日は、ロジスティクスの基本のひとつである在庫管理についてお話をしたいと思います。 在庫管理とは自宅に溜め込んだものや会社の倉庫にある商品を整理することです。在庫管理は、増えがちなものを適切に管理するということです。まず断捨離ではないですが、なぜものが増えていくのかを考えてみたいと思います。 最初に、価格が安いから必要以上に購入するということがあると思います。例... Read more →
    年末にご自宅の大掃除をされた人も、企業でこれから年度末に向けて、在庫の整理に取り組まれる人も少なくないかと思います。今日は、ロジスティクスの基本のひとつである在庫管理についてお話をしたいと思います。 在庫管理とは自宅に溜め込んだものや会社の倉庫にある商品を整理することです。在庫管理は、増えがちなものを適切に管理するということです。まず断捨離ではないですが、なぜものが増えていくのかを考えてみたいと思います。 最初に、価格が安いから必要以上に購入するということがあると思います。例... Read more →

  • 世界大学ランキング
    世界大学ランキング
    Play
    Published: 20 Feb 2018 Duration: n/a
    今回は世界大学ランキングをトピックに取り上げます。  ご存知のように、昨今、日本の大学をめぐる政策論議では、しばしば世界大学ランキングの中で日本の大学の順位を上げることが課題とされることがあります。例えば、内閣府教育再生実行会議が2013年に公表した第三次提言「これからの大学教育等の在り方について」では、日本が再び競争力を高めるための「大きな柱の1つ」として大学のグローバル化の「遅れ」を取り戻すことが位置づけられ、大学の国際的存在感を高める上での達成目標として「今後10年間で... Read more →
    今回は世界大学ランキングをトピックに取り上げます。  ご存知のように、昨今、日本の大学をめぐる政策論議では、しばしば世界大学ランキングの中で日本の大学の順位を上げることが課題とされることがあります。例えば、内閣府教育再生実行会議が2013年に公表した第三次提言「これからの大学教育等の在り方について」では、日本が再び競争力を高めるための「大きな柱の1つ」として大学のグローバル化の「遅れ」を取り戻すことが位置づけられ、大学の国際的存在感を高める上での達成目標として「今後10年間で... Read more →

  • ブックレビュー(3)グレアム・T・アリソン(宮里政玄訳)『決定の本質--キューバ・ミサイル危機の分析』中央公論社
    ブックレビュー(3)グレアム・T・アリソン(宮里政玄訳)『決定の本質--キューバ・ミサイル危機の分析』中央公論社
    Play
    Published: 19 Feb 2018 Duration: n/a
    今回はブックレビューの第3回としてグレアム・アリソンの『決定の本質』という本をご紹介したいと思います。この本は、1962年10月に発生したキューバ・ミサイル危機を、政治学者のアリソンが分析した結果を1971年に刊行したものですが、経営学の組織論や戦略論にも少なからず影響を及ぼしました。その後、新たに公開された情報を踏まえて、大幅に改訂された第2版が1999年にフィリップ・ゼリコウという歴史学者との共著の形で刊行されていますが、私がご紹介したい内容は、専ら初版に書かれた分析結果... Read more →
    今回はブックレビューの第3回としてグレアム・アリソンの『決定の本質』という本をご紹介したいと思います。この本は、1962年10月に発生したキューバ・ミサイル危機を、政治学者のアリソンが分析した結果を1971年に刊行したものですが、経営学の組織論や戦略論にも少なからず影響を及ぼしました。その後、新たに公開された情報を踏まえて、大幅に改訂された第2版が1999年にフィリップ・ゼリコウという歴史学者との共著の形で刊行されていますが、私がご紹介したい内容は、専ら初版に書かれた分析結果... Read more →

  • リーダーシップとは?誤解だらけのリーダーシップ像
    リーダーシップとは?誤解だらけのリーダーシップ像
    Play
    Published: 16 Feb 2018 Duration: n/a
    はじめまして。福田亮と申します。グロービスで主に企業を中心とした「管理職向けのリーダーシップトレーニング」、福岡の大学院で「組織行動とリーダーシップ」を教えています。ここでは、大学院で教えている「組織行動」と「リーダーシップ」について皆さんにお話していきます。 では、ここで皆さんに一つ質問です。 「リーダーシップを発揮している人」と聞いてどんな人をイメージしますか。 皆を束ねて引っ張っていく力のある人。「俺についてこい」というタイプの人をイメージされた方が多いのではないでしょ... Read more →
    はじめまして。福田亮と申します。グロービスで主に企業を中心とした「管理職向けのリーダーシップトレーニング」、福岡の大学院で「組織行動とリーダーシップ」を教えています。ここでは、大学院で教えている「組織行動」と「リーダーシップ」について皆さんにお話していきます。 では、ここで皆さんに一つ質問です。 「リーダーシップを発揮している人」と聞いてどんな人をイメージしますか。 皆を束ねて引っ張っていく力のある人。「俺についてこい」というタイプの人をイメージされた方が多いのではないでしょ... Read more →

  • 大学発ベンチャー創業に必要な研究者の知識(その2)
    大学発ベンチャー創業に必要な研究者の知識(その2)
    Play
    Published: 15 Feb 2018 Duration: n/a
    【今回のまとめ】 ・ベンチャー創業時に最も重要なことは、"Exit is everything!"である。会社の出口のあるべき姿(ありたい姿)がIPOなのか、大手による買収なのか、あるいはライフスタイル型なのかを、創業メンバー間で十分に議論し、統一見解を持っておくことが、その後の事業計画や資金調達に大きく影響する。 ・前回は、大学発ベンチャー創業に係る大学研究者に必要な知識として、(1)目指す会社のタイプと出口戦略について解説した。今回は、(2)資金調達について解説したい。 ... Read more →
    【今回のまとめ】 ・ベンチャー創業時に最も重要なことは、"Exit is everything!"である。会社の出口のあるべき姿(ありたい姿)がIPOなのか、大手による買収なのか、あるいはライフスタイル型なのかを、創業メンバー間で十分に議論し、統一見解を持っておくことが、その後の事業計画や資金調達に大きく影響する。 ・前回は、大学発ベンチャー創業に係る大学研究者に必要な知識として、(1)目指す会社のタイプと出口戦略について解説した。今回は、(2)資金調達について解説したい。 ... Read more →

  • 大学発ベンチャー起業に必要な研究者の知識(その1)
    大学発ベンチャー起業に必要な研究者の知識(その1)
    Play
    Published: 14 Feb 2018 Duration: n/a
    【今回のまとめ】 ・大学発ベンチャー創業時に最も重要なことは、出口戦略である。出口戦略は、どのような投資家から、幾ら資金調達し、どのような人材を雇用し、どのような事業基盤を確立すべきかの全てに影響するので、創業メンバー間で十分に議論し、統一見解を持つことが不可欠である。 ・近年、再び大学発ベンチャーに対する関心が高まっている。東大発のユーグレナやペプチドリームが東証一部上場を果たしたり、九大発のKyuluxも、有機ELでグローバルな事業展開を進めている。経済産業省の調査では、... Read more →
    【今回のまとめ】 ・大学発ベンチャー創業時に最も重要なことは、出口戦略である。出口戦略は、どのような投資家から、幾ら資金調達し、どのような人材を雇用し、どのような事業基盤を確立すべきかの全てに影響するので、創業メンバー間で十分に議論し、統一見解を持つことが不可欠である。 ・近年、再び大学発ベンチャーに対する関心が高まっている。東大発のユーグレナやペプチドリームが東証一部上場を果たしたり、九大発のKyuluxも、有機ELでグローバルな事業展開を進めている。経済産業省の調査では、... Read more →

  • 韓国
    韓国
    Play
    Published: 13 Feb 2018 Duration: n/a
    今日は韓国の話をしたいと思います。朴槿恵元大統領が辞めさせられて、5月の大統領選挙で勝ったのが文在寅大統領です。北朝鮮に対しては太陽政策を採用しており、北風ではなく太陽の様に優しくしようということで、色々お誘いをしてついに五輪を一緒にやるという話になりました。 文在寅大統領の雇用創出政策も注目です。韓国では若者の失業率が高い事を知っていますか? 15歳から29歳の失業率は10%位と高く、みんな一生懸命に受験勉強をして大学に行くのですが、良い仕事があまり無いという状況です。最近... Read more →
    今日は韓国の話をしたいと思います。朴槿恵元大統領が辞めさせられて、5月の大統領選挙で勝ったのが文在寅大統領です。北朝鮮に対しては太陽政策を採用しており、北風ではなく太陽の様に優しくしようということで、色々お誘いをしてついに五輪を一緒にやるという話になりました。 文在寅大統領の雇用創出政策も注目です。韓国では若者の失業率が高い事を知っていますか? 15歳から29歳の失業率は10%位と高く、みんな一生懸命に受験勉強をして大学に行くのですが、良い仕事があまり無いという状況です。最近... Read more →

  • 北朝鮮
    北朝鮮
    Play
    Published: 12 Feb 2018 Duration: n/a
    今日は北朝鮮の話をしたいと思います。北朝鮮は去年ミサイルを数多く発射しました。スカッド、ノドン、ムスダン、テポドンをスノムテと紹介した事を覚えていますか? スノムテと言っていた頃はまだ良かったのですが、火星12、14や15を発射し、遂に核弾頭が搭載可能でアメリカ本土に届くICBMが出来たようで、北朝鮮が核戦力の完成宣言をするという話になってきました。昨年9月に6回目の核実験をしたのですがこれが水爆実験だったという事で、水爆がアメリカ本土に飛んでくるという話になってきたのです。... Read more →
    今日は北朝鮮の話をしたいと思います。北朝鮮は去年ミサイルを数多く発射しました。スカッド、ノドン、ムスダン、テポドンをスノムテと紹介した事を覚えていますか? スノムテと言っていた頃はまだ良かったのですが、火星12、14や15を発射し、遂に核弾頭が搭載可能でアメリカ本土に届くICBMが出来たようで、北朝鮮が核戦力の完成宣言をするという話になってきました。昨年9月に6回目の核実験をしたのですがこれが水爆実験だったという事で、水爆がアメリカ本土に飛んでくるという話になってきたのです。... Read more →